駆除期間

茎に登るアリ

最近では土台の下の土を掘り、そこに特殊な薬剤を埋め込んでいくという方法も、このほうが人体には優しいようです。
ムカデ駆除ですが、ムカデは本来屋外にいるのですが、ゴキブリやクモを食べるため家のなかに侵入する事があり、落ち葉の下やプランターの下は要注意。
外壁と基礎の間にムカデ返しと呼ばれる器具を取り付け、薬剤が入っているためそこでムカデ駆除ができます。
あまり聞きなれない害獣駆除ですが、害獣とはゴキブリなどの害虫とは違い、小動物をいいます。
アライグマやハクビシン、ねずみなど、ペットとして飼われたものが野生化し、天井などに住み着き糞尿被害をもたらします。

害獣駆除は虫のような薬剤では効果がないため、捕獲用ワナを仕掛けて捕らえます。
一週間ほどで害獣駆除ができるようです。
シロアリも害獣もムカデ駆除も、被害にあってからは遅いのが現実です。
やられる前にこまめな点検が必要ですね。

害虫駆除について

白い花とアリ

一軒家に住んでいると、定期的に行わなければならないのがシロアリ駆除やムカデ駆除です。
家によっては害獣駆除が必要なところもあります。
どのように行われるのか、調べてみました。
まずよく聞くのがシロアリ駆除、シロアリは木造住宅の床下にいることが多く、トイレ、浴室、台所など高温多湿の場所に多くいます。

シロアリ駆除は業者さんが床下に入り、どの程度シロアリにやられてるかどうか点検してもらい、見積りを出してもらいます。
その後床下の土台などに薬を器具で注入し、シロアリ駆除をしていきます。

みえない場所も美しく

茎を降りるアリ

家の床から下、天井より上というのはなかなか目が行き届かないうえ、ちょっと見てみるというようなこともできないものですからほったらかしになっていることが多いものです。
業者に依頼してみるとしても、相場がわからないのでなんとなしに不安になったり、無駄なものにお金を使っているのではないかと疑心暗鬼になってしまうものです。
シロアリ駆除、ムカデ駆除、害獣駆除は専門の洗剤や殺虫剤が販売されていますが、それだけではやはり時間をおくと元通りになってしまったり、がさごそ音がするたびにまだ何かいるのではないかと思ってしまうものです。
市販の殺虫剤のレベルでは根こそぎ問題を解決するほどの効果のあるものは販売されていないのが現実ですし、素人が手に負える範囲を超えている場合には状況は何も変わらないことも考えられます。
シロアリ駆除、ムカデ駆除、害獣駆除はそれぞれに適応した処理方法や殺虫剤などがあります。
どうしていいかわからない場合には複数の業者に相談して納得できる相手、信頼できる方法を選ぶようにするべきです。

見積もりもスケジュールも提示してもらえますし、処置するのにおすすめの時期なども教えてもらうことができます。
ムカデ駆除、害獣駆除に限らず、特にシロアリ駆除は床をはがして軒下に入ったりしなければならないため、時間も手間もかかります。
原状回復にも時間を取られてしまうことになりますし、完璧に処理したいのであれば慎重に決定しなければなりません。
シロアリ駆除、ムカデ駆除、害獣駆除は専門家が行わなければ安全性が確保されません。
手間を惜しまずに念を入れて行うべきです。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
September 2014
M T W T F S S
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930